Nossy's picture






Nossy (のっし-)です。



今回は『ながら』作業について。


何か勉強しながら、音楽を聴く。

漫画読みながら、TV 付けている。


...なんかそういうヤツです。




そう云いながら、今、僕も音楽聴きながら

今、この文章を書いている。


ウムム...


もう、思いっきりやってしまっている。


散歩しながら音楽を聴いている。

日課である。




別に問題ないように思える。

実際、普通に生活する上では

問題ないのかも知れない。



だが、『創作者』としての立場としたら
どうであろうか。


わからない。明確な答えは出ない。



しかし、僕は少なくとも20年前は

こんなに『ながら』作業をして居なかった。



僕は20年前携帯(ガラケー)を持っていた気がするが

そんなに使いこなして居なかった気がする。


音楽だって、円盤型のCD 再生機で

家で聴くのみであった。


満足にネットも使って居なかった。

YouTube は無かった。



そんな僕の毎日のスピードは

かなりアナログで、そして遅かった。



歩く時は、ただ歩き、

音楽聴く時は、ただ音楽を聴き、

絵を描く時は、ただ絵を描いた。




勿論、どちらがどうだと云う訳ではない。


『ながら』作業がインスピレーションに
つながる場合もあるだろうし。


だが、僕個人に限っては、

創造力(想像力)が少し低下している様に

感じている。



一点集中の時間が減っている。

深く純粋な探究が出来ていないかも
知れない。


雑音が多い。


情報がもれ出してしまって受け止めきれて
いない内に

次へ行ってしまう。



何を焦っているんだ?

と、たまに自分に突っ込みを入れる。



情報の海に溺れている。




僕の18歳というと、

マイケルジャクソンの『デンジャラス』という

アルバムを来る日も来る日も

阿呆みたいに聴いていた覚えがある。



よくも飽きずに聴いていたものだと
思う。


何百回聴いたのだろうかなぁ。


一つ一つの音を完全に記憶するくらい聴いた。


実際、YouTube も配信サービスも無い訳だから、

もう、購入するか、レンタルして、


それをジッ、と聴くくらいしかない。


レンタルなんて一週間に3枚程度である。


その頃はパソコンにコピーするなんて技も
会得してなかった。



だから、もう再生機で返却の直前まで
必死に聴きまくった。


なんなら、まだ聴き足りなくて、

返却せずに、連続で借りたりしていた。
(買えよ!)



レンタル屋の店員に、


『借りられたのが混ざってますよ』とか

云われたりした。

(知ってるわい(笑))



.....何を長々とダサい事を書いているのだ?

と思う人も居るかも知れない。



『そんなのには付き合いきれないよ』


『ただの前時代的な思想でストップした

老害のオッサンの戯言だろう?』



『ポチったらいいじゃん。時間のムダ』


『その時間あったら別の創造的な事、

出来るよね?』






そうだ。そうだよ、確かにね。



でもね、物事をほんとうの意味で理解するには

すごい長い時間がかかるんだって事なんです。



しかも、ある程度、集中してソレに

取り組む必要がある。



『ながら』では見落としてしまう事が

確実にある。



僕はこの前時代的なスピード感を

知っている世代である事を

個人的には嬉しく思っている。



深く探究するのが好きだからである。


狂ったように1曲を聴かないと

発見できない事がある。



音楽の事ばかりではない。



人間もおなじである。


皆さんは、自分の知り合い、恋人、

家族...


そういった人達を何となく分かっているだろうか。


勿論、完璧に分かる事など不可能だ。



だか、どこまで掘れているだろう?



人は会うたびに表情を変える。

誰もが百面相である。



こんな一面もあるのか、なるほど

こういう事も考えるのか、

こういう事が好きなのか、

こういう瞬間が幸せそうだな、

こういうのは大嫌いなのか、




別に僕はその相手に対して何か

仲良くなったり、操作したり、駆け引きしたりする
ために


そういう事をしている訳ではない。


ただ、観ているだけである。

そこに他意はない。



だから、余計、不気味がられる(笑)



何か、世の中の人の一挙手一投足には

裏に駆け引きめいた意味合いの色が付いている

事が多いような気がする。




僕はそういうのがハッキリ云うと

あまり好きではない。



白か、黒か、さぁ、どっちだ!

とまでは云わない。

(20代はそんなんだったかも知れない(笑))



今は、みんな諸事情がある事を理解した。



でも、僕は特に何もなく

観るだけなのだ。



それでも、勝手に色々観えてくるモノはあって

結局、

様々な思想に発展してゆく。



勿論、僕の思い込みや偏見も入っているのだと
思うが。


完全にフラットに観る事は出来ないし、

フラットに観る意味もないと思う。

(裁判官ではないのだから)



自分というフィルターを通して再構築された

エネルギーを外の世界に放出するのが 

創造だとも思うから。





...何が云いたいのかよく分からなくなってきた。



兎に角、スピードが早すぎて、

1つの事に純粋に集中する時間が


削られているのが

僕はちょっとヤバいと思った。


僕がそういう生き方を選択してしまっているが

故の結果に過ぎないのであるが。



だから、もっとゆっくり丁寧に

生きていきたいと思う今日この頃なのである。



ではではこの辺で。




皆さんに幸せが訪れますように🌈✨